//GoogleConsole 7月 七夕の和菓子 | 茶道体験古都/京都観光情報

和菓子

7月 七夕の和菓子

7月 七夕の和菓子

7月に入り、京都は蒸し暑さが増してきました。

祇園祭のメインストリートである、三条・四条通界隈は、お囃子の音が聞こえます。

京都には、祇園祭にちなんだ和菓子もたくさんありますが、今日はその前に、七夕の和菓子、涼し気な和菓子をピックアップしました。



 

 

目で涼をとる「七変化」

 

七変化

「七変化」は、千本玉壽軒さんのお菓子です。

七夕のために特別作られたわけではないお菓子ですが、夏にぴったりな、本当に七色に色が変わるように見えて、涼しげな色合いです。

海外の方も、寒天はわりと好きな方が多いので、つるんと召し上がられます。

 

 

 

 

天の川

 

天の川.JPG

「天の川」は、笹屋守栄さんのお菓子です。御名も七夕にぴったりです。

こちらは、実は堂本印象美術館の応接室にある、堂本印象の作品を元に作られた、特別な和菓子です。

夜空の星を思い浮かべることができます。

天の川2.JPG

海外のお客様も、見た目の美しさに喜んでおられました。

 

 

 

 

笹の雫

 

笹の雫

家族が買ってきてくれた、仙太郎さんの和菓子。

名前があいまいですみません。多分、「笹の雫」だったということですが。

中に梅が入っていて、とてもすっきりとした美味しい和菓子でした。

仙太郎さんは、お茶席というよりは、日常の上等なおやつとしていただくことが多いです。

 

 

 

 

短冊に見立てて、日月菓

 

f:id:teaceremonykoto:20160622222834j:plain

千本玉寿軒さんと文房具の裏具さんのコラボレーションで作られたお干菓子。

特に、七夕の和菓子だというわけではありませんが、短冊に見立てると七夕らしくなります。

 

 

 


 

 

 

夏のキャンペーンを開始

 

夏の和菓子.JPG

7月1日から、キャンペーンを開始しました。

 

対象:ご相席茶道体験オプションありコース(45分)¥2700にお申込みのお客様

 

①Paypal事前決済&②Facebookページへいいね!&③体験後、トリップアドバイザーにレビューご記入をお約束で、

お菓子を季節の京生菓子にグレードUPします!

 

海外の方が、金閣寺への行帰りに飛び入りでご参加されることも多いので、このご相席コースは通常、お干菓子をお出ししていますが、本当は、京都の美しい生菓子も体験していただきたいな、常々思っているので、キャンペーンを実施しました。

 

海外の方は生菓子が苦手な方も結構多いですが、見た目は皆さん、「Beautiful!」と喜ばれますね。

日本人の方には美味しい生菓子、大人気です。

 

暑いですが、夏の和菓子は涼しい見た目です。(もちろん教室は、冷房もきいてます)

観光で歩き疲れた方は、お立ちよりいただければと思います。

Return Top