体験

お家のテーブルウェアにも使える古袱紗

お家のテーブルウェアにも使える古袱紗

こんな使い方をしたら、伝統を重んじる方はどうお感じになるかと少々不安ではありますが、弊店のお客様は、外国人観光客の方が8~9割。

京都の思い出に、古袱紗を外国のお家でも使っていただけたらなと思っています。

 

緞子や金襴の華やかな古袱紗

 

古袱紗

正絹の古袱紗は、しっとりと落ち着いた色合いです。

茶道では、お運びのときや、料金を受け付けでお渡しするとき、そして格の高いお道具を丁寧に拝見するとき等に使います。

お稽古用に、正絹ではない気軽なものも販売されていて、桜や菊など、華やかで親しみやすい柄行きのものが多いようです。

 

 

お茶碗と古袱紗

 

吹き寄せ

秋にぴったり。吹き寄せのお茶碗・・・

kobukusa-and-a-tea-bowl

テーブルの上で、古袱紗をセットして置き合わせると、また違った華やかな雰囲気になりますね。

 

 

 

お家を和風のお洒落なバーに

 

kobukusa-and-wine

ワイングラスを載せてみました。

バーでこんなコースターが出てきたら、珍しいなって思いますよね。

会話の潤滑油になること、間違いなしです。

この写真は、実は家の卓袱台で撮ったのですが、卓袱台でもなかなか良い雰囲気に変わります。

kobukusa-and-small-glass

小樽で買った小さなグラスも、

kobukusa-and-a-glass

琉球ガラスも、いつもと違う景色になる気がします。

古袱紗は、普通のグラスのコースターよりは、もちろん大きめなので、小さめのケーキ皿や、小皿も載せることができます。

お家のパーティーのテーブルウェアにも使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

Return Top