//GoogleConsole お抹茶は点て方によっても、味が変わる!どれが一番おいしい? ~ご意見募集中です~ | 茶道体験古都

未分類

お抹茶は点て方によっても、味が変わる!どれが一番おいしい? ~ご意見募集中です~

お抹茶は点て方によっても、味が変わる!どれが一番おいしい? ~ご意見募集中です~

オーストラリアの若い人の間で、抹茶が流行っていると聞いたことがあります。また、京都の老舗・一保堂はニューヨーク支店もあり、海外でも日本茶が注目されています。

しかし、オーストラリアでは、茶筅がないので、スプーンで抹茶を混ぜて飲んでいるのだと聞きました。

日本では考えられないですね。茶筅で点てなければ、おいしくないと思います。

 

抹茶にお湯を注いだだけの状態

 

抹茶①

こちらは、抹茶にポットのお湯を注いだ状態。

まだ粒粒としていて、口当たりがよくありません。

まろやかな味もしない気がします。

 

 

半分泡立てた状態

 

抹茶②

実は、流派によっても点て方が違います。

おいしい、美しいとされる抹茶がそれぞれ違うということです。

私は裏千家に所属していますが、表千家さんでは、あまり泡を点てすぎないのだそうです。うっすらと泡が残る感じで、表さんはこんな感じでしょうか。もし違っていたらごめんなさい。

 

 

ブクブクと泡が目立つ状態

 

抹茶③

恐らく、このようなブクブクとした大きな泡が目立っている状態は、どの流派にもないのではないでしょうか。

口当たりもきめ細かい泡が立ったものとは違いますし、見た目も乱雑な感じがします。

 

きめ細かい泡を点てた状態

 

抹茶④

こちらが、裏千家の抹茶(薄茶)です。手首のスナップを聞かせて茶筅をよく振り、きめ細かい泡を点てるのが特徴です。

真ん中がぷっくりと盛り上がっており、見た目も美しいです。

口当たりは、泡がきめ細かいので、軽くてやわらかく、味もまろやかになります。

よく喫茶店で出される薄茶も、裏千家流のお抹茶が多いように思います。

抹茶は苦いと思われがちですが、点て方によって味が変わります。

まろやかに飲みやすいものをと考えれば、きめ細かい泡を点てた状態が、一番飲みやすいのではないでしょうか。

 

ちなみに、薄茶とはまた別物の濃茶はこちら。薄茶の3倍の濃さです。

楽茶碗.JPG

 

 

 

茶道体験は抹茶点て体験?

 

抹茶を点てる.JPG

茶道体験と聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。

①お客様として、お菓子と抹茶をいただける。飲み方の作法も教えてもらえる。

②自分で作る、お抹茶点て体験。点て方を教えてもらえる。

③①②の両方

普通の「お茶会」であれば、お客様ご自身が点てる機会はないので、①でしょうね。

お茶会では、作法は教えてもらえませんが。

②は、自分で点てるので楽しい体験だと思います。おいしい抹茶を点てるコツを教えてもらえば、家でも役に立ちます。お子様にも人気です。

でも、初めての点てる体験であれば、自分で点てても上手にできないことも多いので、本来のお薄の味は体験できないかもしれないですね。

点て方によって見た目も味もこんなに違うので。

皆さんのイメージは、①②③のどれでしょうか。

もしよかったら、ご意見お聞かせください。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. I’m truly enjoying the design and layout of your blog. It’s a very easy on the eyes which makes it much more enjoyable for me to come here and visit more often. Did you hire out a developer to create your theme? Fantastic work!

Return Top