//GoogleConsole 未分類 | 茶道体験古都/京都観光情報

未分類

黒革の手帖

黒革の手帖 武井咲さんの着物に見る、夏きものコーディネート

黒革の手帖 武井咲さんの美しい着物姿にうっとり♡夏きものコーディネートをチェック! テレビ朝日の木曜ドラマ・黒革の手帖は、過去何度もリメイク&放送されている、松本清張原作の人気ドラマ。 2004年に米倉涼子さんが、主演されていたのが記憶に新しく、当時まだ未成年だった私も、米倉さん演じる原口元子のカッコよさに魅かれて見て...

水のお茶会とは?お茶室の河太郎とは何者?

水のお茶会とは?お茶室の河太郎とは何者?

葵祭も無事に開催され、すっかり初夏になってきました。 お茶室のしつらえも、端午の節句から、葵祭(5月15日)、そしてその後・・・この時期は何にしようか迷いますが、 紫陽花や梅雨にちなんだものを選びます。 ちょうど今の時季に合うので、出してくる棗に、「河太郎」というものがあります。 河太郎は、河童(かっぱ)の別名です。 ...

京都 梨木神社 染井会の月釜

京都 梨木神社 染井会の月釜

梨木神社は、御所のすぐそば、上京区にある静かな神社です。朝、神社に行くと、どこからか鳥の声も聞こえ、自然を感じられます。 通常、毎月第3日曜日には、染井会による月釜が行われ、地元の方々が集まられています。 染井会という名前は、梨木神社の御名水「染井」に由来しており、茶の湯に適したまろやかな水として知られています。

京都 塩芳軒 節分はおかめ饅頭

京都 塩芳軒 節分はおかめ饅頭

塩芳軒は、1882年創業、京都・黒門の和菓子店です。 小さな黒門通沿いにあるお店ですが、地元の人からも、遠方の方からも評判の良い、おいしい和菓子です。 Facebookでも、24節気に合わせた和菓子をアップされていて、いつもその美しさに感動しています。   おかめ饅頭   塩芳軒さんの代表銘菓といえ...

京都・上七軒 がま口のまつひろ商店

京都・上七軒 がま口のまつひろ商店

ここ数年、京都では、がま口が大人気です。 いつからかブームが起こり、今では各観光スポットに1カ所はがま口専門店があります。がま口といっても、昔ながらの財布だけではなく、バック、ポーチ、ペンケース、印鑑ケースなど種類が豊富です。   がま口 ポーチ 5寸がま口コスメポーチ【帆布・唐草 水玉】【在庫商品】【京都・...

鶴屋吉信 節分の和菓子「福ハ内」と喫茶

鶴屋吉信 節分の和菓子「福ハ内」と喫茶

全国的にも有名な、鶴屋吉信さん。京都本店は、堀川今出川にあります。 名物・柚子餅で有名ですが、季節の生菓子や茶席の干菓子も美味しいです。 節分のお菓子も、上生菓子、ぜんざい、焼き菓子とあり、種類が豊富です。 鶴屋義信さん福ハ内   「福ハ内」は、四代目当主が、商家の娘さんが節分の豆まきをしているほほえましい光...

Design Week Kyotoゐゑ・振り返り

Design Week Kyotoゐゑ・振り返り

昨日、Design Week Kyoto ゐゑに、GENIUS TABLE in Kyotoさんのイベントにゲストとして参加してきました。 会場は、烏丸九条のThe Lower East Nine Hostel。海外のお客様かなと思っていたら、日本人参加者が多く、10名のお客様に、テーブルスタイルでの茶道体験をしていた...

茶道のお茶碗 産地はどこ? お茶室で日本を旅する

茶道のお茶碗 産地はどこ? お茶室で日本を旅する

茶道のお茶碗や、棗・・産地はどこ? 四畳半を基本とするお茶室。 二畳台目の小さなお茶室もあれば、広間の茶室もありますが、小さな部屋の中でも、ひとつひとつのお道具をよく見ると、日本各地やその歴史に思いを馳せることができます。 お茶碗や棗など、茶道具のひとつひとつは、季節やそのお茶会のテーマに合わせて、丁寧に選ばれます。 ...

京都 鷹峯 松野醤油店 今でも手作り

京都 鷹峯 松野醤油店 今でも手作り

松野醤油店 今でも手作りの醤油 お醤油といえば、今ではスーパーでもどこでも簡単に変えますが、今でも手作りのお醤油は、香り高く、ひと味違います。 京都・鷹峯にある松野醤油店さんは、創業は文化2年(1703年)。醤油の手作りを今でも続けられています。お店に入ると、お醤油の良い香りがいっぱいにしたのは、天然の素材を吟味されて...

京都 寺町御池 御池煎餅と大原路

京都 寺町御池 御池煎餅と大原路

京都の御池通り、寺町商店街の入り口に、銘菓・御池煎餅で有名な亀屋良永さんがあります。 京都市役所が向かいにあり、秋には時代祭りの行列も通る場所です。 にぎやかなエリアの入り口にありながら、とても上品な佇まいで、学生時代から、何か気になるお店でした。

Return Top