//GoogleConsole 年間アーカイブ : 2017年 | 茶道体験古都/京都観光情報

2017

ベルアメール

京都のチョコレートカフェ&ショップ おすすめ3選。京都限定品あり!

京都のチョコレートといえばこちら!おすすめカフェ&ショップ スポンサードリンク 京都といえば、お土産には和菓子の方が有名かもしれませんが、おいしいチョコレートのカフェ&ショップもたくさんあります。 海外の高級チョコレートバー&カフェから、男性にもおすすめのビタ―チョコまで。 今年2017年9月に新らしい店舗をオープンす...

京都 紅葉の穴場 しょうざん

京都 紅葉の穴場は北区にあり?!金閣寺から車で3分!

京都の紅葉の穴場スポットは、金閣寺から車で3分! スポンサードリンク 京都に住んでいる地元の人には、よく知られている紅葉の名所。 しかも、世界遺産・金閣寺からもすぐの場所にあるのが、しょうざんリゾートです。 京都市北区に住んでいると、清水寺や高台寺は少し遠く(普段は車で40ほどですが)、しかも東山エリアの紅葉シーズンの...

貸切で体験!茶道×きもの×いけばな 120分コース (英語又は日本語)

貸切で体験!茶道×きもの×いけばな 120分コース (英語又は日本語)

  あけましておめでとうございます! 2017年、茶道体験古都にて、新たなプランができました。 茶道×きもの×いけばなが120分で体験できるコースです。 英語又は日本語で説明が可能です。 1, いけばなレッスン (45-60分) いけばなの歴史や、切り方、角度の付け方など、基本の型を学んでいけてみましょう。 ...

祇王寺 紅葉

嵐山もみじ祭りと紅葉おすすめスポット 2017

嵐山でおすすめの紅葉スポットは?嵐山もみじ祭りは、どんなイベント?   スポンサードリンク 嵐山の紅葉の見ごろは、毎年11月半ばから12月第一週目くらいまで。 日差しの強い日は袷の着物が暑い日もありますが、例年、冷えてくる時季ですので、コートを持参するなど、あたたかくして行きましょう。 紅葉シーズンは、嵐山と...

精進料理 泉仙

京都で精進料理を食べられるお寺はどこ?癒しのランチタイム。

京都旅行のランチに、精進料理はいかが? スポンサードリンク 精進料理は、動物性の食材を使わない、ベジタリアンでも安心なお料理です。 美味しいだけではなく、自然との調和を試みる、禅宗の心を感じることができます。 シンプルな、季節の素材を活かした味付けは、とても健康的。 本日(2017年9月4日)のTV東京「主治医が見つか...

茶道体験 京都

茶道をやる意味って何?何が楽しいの?

茶道をする意味がわからない。何が楽しいの? 茶道は、それを好きな人がやる趣味なので、趣味がない方にとっては、何が楽しいのか分からないと思います。 私も、釣りやゴルフの趣味はありませんので、それらが何が楽しいのか?全然分かりません。 しかし、京都観光に来たら、「京都らしいことがしてみたい!」ということで、普段は特に興味を...

茶道のきもの お茶会に呼ばれたら、何を着ていけば良いの?

茶道のきもの お茶会に呼ばれたら、何を着ていけば良いの?

茶道 お茶会にふさわしいきものってどんな着物? スポンサードリンク きものには、訪問着、付下げ、色無地、江戸小紋、小紋等、様々な種類があります。 お茶会も、どんな趣旨のお茶会なのか、形式はどのようなものかによっても、ふさわしい着物は変わってきます。 例えば、気軽な集まりのお茶会に、訪問着は格が高すぎるかもしれないし、逆...

茶道体験 京都

茶道体験 京都でおすすめの教室

  茶道体験を京都でするなら知っておきたいおすすめ情報   京都・金閣寺から徒歩1分の茶道体験教室「茶道体験古都」の倉中梨恵です。   京都に旅行に来たら、「茶道体験」「お茶体験」「お抹茶体験」してみたいな、と来ていただくお客様が沢山いらっしゃいますが、最近では特に、日本の伝統文化である茶道を体験し...

京都タワー

17時以降の京都観光 お寺が閉まってからでも、楽しめる場所は?

夜でも京都観光したい!17時以降でも行ける場所 スポンサードリンク 京都観光での人気スポットといえば、伏見稲荷や金閣寺、清水寺など寺社巡りが中心だと思いますが、お寺や神社は、たいてい17時になったら閉まってしまいます。 美術館もそうですよね。 紅葉シーズンになると、ライトアップが楽しめますが、他にはどんな観光が楽しめる...

ネイル

茶道でネイルはNGか?ピアスは?

茶道でネイルはしていてよいの?ピアスは? スポンサードリンク 茶道の初心者の方は、知らない方が多いと思いますが、お茶席では、お客様も指輪やブレスレット、長いネックレス等は外すことが求められます。 (弊店の、観光のお客様の体験は、そこまでは求めていませんが) 第一の理由として、お道具を傷つけないために。カツンと貴金属がお...

Return Top