//GoogleConsole 京都観光 ( 2 ) | 茶道体験古都/京都観光情報

京都観光

京都で茶道具を拝観できる美術館5選

京都で茶道具を拝観できる美術館5選

京都で茶道具をじっくり見たいなら、美術館もおすすめ 京都には、京都市美術館を始め、たくさんの美術館があります。 その中には、コレクションとして茶道具を多く所蔵しているところも!! 弊店の茶道体験に来られたお客様から、「ここのお茶碗はどれだけ古いのか?値段は??」と聞かれることがありますが・・・。 裏千家の茶道資料館はも...

京都観光 9月のおすすめ特別拝観&イベント2017

京都観光 9月のおすすめ特別拝観&イベント2017

2017年9月におすすめな、京都観光 特別拝観&イベント 9月に入って初秋といえども、例年、京都はまだまだ残暑が続きます。 夏休みが終わって、少し観光シーズンは落ち着く時期ですが、9月に特別拝観をしているお寺や、特別なイベントもあります。 年間を通してみると、有名な特別拝観ではないですが、意外と、そういう時季の方が人混...

お抹茶点て体験

京都観光でおすすめの体験教室 伝統文化を京都で体験!

京都観光で、伝統文化や伝統工芸を体験できる教室 京都観光といえば、金閣寺や清水寺など有名な寺社巡りが定番ですが、最近では、「伝統文化の体験」をテーマに旅行をされている方もいらっしゃいます。 例えば、茶道体験、香道体験、陶芸体験、金箔押し体験、染め物体験等です。 きものレンタルをして、街歩きするのも、大人気ですね。 弊店...

京都観光 リアルな海外の反応!京都の茶室で聞いた生の声

京都観光 リアルな海外の反応!京都の茶室で聞いた生の声

京都観光 リアルな海外の反応!毎日接客している私がヒアリングした結果 京都は、寺社仏閣など文化財の拝観はもちろん、和食や京料理と呼ばれる美しい懐石料理や、茶道体験等の文化体験など、様々な観光コンテンツがある「観光都市」です。 海外のお客様を毎日お茶室でお迎えしていると、京都観光のご感想や、日本の他の地域と比べての京都へ...

大徳寺 高桐院

京都観光 金閣寺周辺を巡るモデルコース♪ 穴場あり!

京都観光 モデルコース 金閣寺周辺を巡るなら? 京都の金閣寺は、京都市北区に位置しており、交通の便はそれほどよくありません。 繁華街の四条エリアや、京都駅からは、バスだと40分~1時間かかる場所にありますので、日程が許すならば、北エリアと東山エリアを分けて散策すると、効率よく回れます。 そこで、今日は世界遺産金閣寺周辺...

大覚寺 観月の夕べ

京都旅行でお月見するならどこがおすすめ? 観月の名所3選

初秋の京都旅行なら、お月見へ!どこがおすすめ?   初秋の京都といえば、お月見。 平野神社や、神泉苑、大覚寺など、多くのお寺や神社で、お月見のためのイベントが開催されています。 秋の夜風に吹かれながら、風流な雅楽の演奏を聞いたり、お茶席があったりと、優雅なお月見をしてみませんか。 場所によっては、早くからチケ...

西陣織スマホ

マツコの知らない世界で紹介!富坂綜絖店さんの 西陣織iphone ケース

西陣織でできたiphone ケース ~富坂綜絖店さん~   西陣織といえば、帯や着物ですが、富坂綜絖店さんでは、新しい商品として、西陣織のスマホケースを作っておられます! ぱっと目を引くかわいい和柄は、持っているだけで話題になりますね。 こちらの商品は、あのマツコデラックスさんの番組でも取り上げられ、大変な人...

京都の絶景スポット!抹茶のふるさと和束町とは?

京都の絶景スポット!抹茶のふるさと和束町とは?

京都の隠れた絶景スポット。抹茶のふるさと和束町 京都の「宇治茶」ブランドを支える茶畑は、茶源郷・和束町が大部分を占めるのをご存知でしょうか。 京都駅は、JRと奈良交通バスで、約1時間半。 バスから美しい山の風景を眺めつつ、さらに軽トラで山道を登り、茶畑にたどり着きます。 そこからは、まるで山に描いたアートのような、茶畑...

京都・常照寺 吉野太夫の野点 花供養茶会

京都・常照寺 吉野太夫の野点 花供養茶会

京都の常照寺は、北区鷹峯にある、吉野太夫ゆかりのお寺です。 毎年、4月の第二日曜日に、吉野太夫の花供養茶会が開かれます。 茶室・遺芳庵にてお茶席、野点、煎茶席、そしてお蕎麦席もあります。 今年こそ、行ってみたい!と思っていましたが、観光のハイシーズンのため、私は行けず。母に行ってもらいました。

雪の金閣寺 2017

雪の金閣寺 2017

一昨日、昨日と1月半ばに入ってやっと、京都でこの冬初めて雪が積もりました。 一昨日は日曜日だったこともあり、日本人の観光客の方がたくさん来られ、雪の金閣寺の撮影に来られていました。 いつもは歩道も外国人比率が高いので、珍しい光景でした。

Return Top